スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
講演会・写真展開催のご案内
2013 / 02 / 04 ( Mon )
講演会・写真展開催のご案内

P1011806.jpg P4100697.jpg P4111399.jpg

3.11東北大震災からもうすぐ2年経とうとしています。
今回のイベントは、いまだ解決の糸口も見えない被災動物の問題を、ペット防災先進県・新潟の事例とともに考え、被災地の問題にとどまらず「全国的にペット防災の気運を高めていこう」とするものです。

いまや3世帯に1軒がペットを飼い、15歳以下の子どもの数よりペットが多い時代。
防災は、もはや人間だけ、被災地だけの問題ではないのです。
ぜひとも日本中すべての飼い主さん、ペット関連業界の皆様に知っていただきたいと考えます。

新潟県は、7.13水害よりペット防災に取り組み、同年の中越大震災で取り残された旧山古志村のペット600頭をレスキュー。新潟県の防災計画に「ペット防災」の項目も加え、3年後の中越沖大震災ではそれが実にスムーズに活かされました。

3.11東北大震災で被災地からペット連れの飼い主さんが避難してきたときも瞬時に対応。全国でいち早く避難所隣にペットスペースを設置しました。
また、全国で初めて行政主体による「ペット同伴避難訓練」を行っています。

こうすれば災害時、あなたのペットは助かる

と知ることのできるイベントです。


2月10日ネスパス会場は席数60名ほどで、アットホームな雰囲気。わずかですが、お茶とお菓子もご用意してお待ちしています。お忙しいところ、大変恐縮ですが、どうかお誘い合わせの上ご来場ください。

2月中、記録写真展を汐留メディアタワー(共同通信本社ビル)で開催いたします。併せて、ご覧いただけたら幸いです。

また、行政や民間の活動によって警戒区域から保護された動物は3000頭を超えました。なおかつ多くが引き取り手がいない状態です。このようなことが二度と起きないためにも、みなさんで考えていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講演会:被災動物とペット防災を考える 
日 時:平成25年2月10日(日)14時~17時30分
場 所:表参道・新潟館ネスパス3F(席数60席)
    東京都渋谷区神宮前4-11-7
    表参道ヒルズ隣、JR山手線原宿駅表参道口より徒歩10分)
    http://www.nico.or.jp/nespace/
入場料:500円(お茶・お菓子付)
*詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真展:3.11動物たちの大震災
日 時:2月1日~2月27日の1ケ月間
場 所:共同通信社本社ビル(汐留メディアタワー)3F「ギャラリーウォーク」
    http://www.kyodo.co.jp/corp/about/
    東京都港区東新橋1丁目7−1
*詳細はこちら





A gathering to consider suffered animals & disaster prevention for pets
We want all pet owners to know how we can protect our pets in disaster.
Let's think over it with disaster afflicted animals and pet owners.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Notice of a lecture meeting & photo-exhibition


Since 3/11 Tohoku disaster, nearly 2 years has passed. Yet we have no clue
to solve the problems of disaster afflicted animals still now.
With some president of Niigata, advanced prefecture on animals disaster
prevention, we are to gather momentum toward the prevention not only
disaster afflicted region but also all over Japan.

Nowadays one third of families have a pet, and the number of pets is bigger
than that of children under fifteen in Japan.
Disaster prevention is the issue of not only human and afflicted area.

We really want all of pet owners and business circles related to pet-animals
to know about this.

In Niigata the government started to work on this issue since 7/13 flooding.
In the same year when the Great Chuetu Earthquake hit there, they managed to
rescue 600 left-behind-pets in Kyu-Yamakoshi-village.
Then the government added 'pet's prevention' to their disaster prevention
plan.

So three years after that when the Great Chuetuoki Earthquake occurred, the
pet's prevention plan was made use of very smoothly.

At 3/11 Tohoku-disaster, when evacuees with pets entered Niigata, the people
there promptly coped with the situation, they set up the pet's space next to
the shelter.
They also have 'evacuation practice with pets' under the municipal
leadership.

This is the event in which you will know 'how to prevent your pets
from disaster.'

On January 10, we will have about 60 seats, with homy atmosphere at Nesupasu
assembly hall. We will be waiting for you to come, preparing tea and some
sweets. Please, attend the meeting with your friends!


In January we also hold a documentary photo exhibition at Shiodome Media
Tower, in Kyodo News Service head-office building.
We will be delighted if you come to see it as well.

Also over 3,000 pet animals were rescued by government and private
organization from the cautionary area in Hukushima, where nuclear accident
occurred after the earthquake and tsunami.
Many of them are looking for their new owners still now.
Let's think together not to have such tragedy again.

--------------------------------------------------

Lecture meeting :
Suffered animals and disaster prevention for pets.

Time and Date: Feb. 10, 2013 From 2:00 p.m. to 5:30 p.m.

Place: The third floor in Omotesando Nesupasu.



SN3P0010.jpg



スポンサーサイト

テーマ:ペット防災 - ジャンル:ペット

15 : 10 : 00 | イベント | コメント(4) | page top
<<講演会開催の御礼・<お知らせ>動画・コメント | ホーム | 応援してくださる皆様>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/02/07 09:54 * [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/02/08 18:20 * [ 編集 ] | page top
--ぜひ多くの方に観て欲しい!--

9日に行ってきました。。写真の一枚一枚、文章の一行一行、自分の事と置き換えて拝見してきました。。
一人でも多くの方に観て頂きたいですね!
大切な写真展をありがとうございます!
by: 石塚おけい * 2013/02/13 13:14 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: ぜひ多くの方に観て欲しい!--

石塚おけいさま
写真展をご覧いただき、ありがとうございます。
自分の事と置き換えて・・・そのような見方をしていただければ幸いです。

児玉さんの写真をご覧になっても、
避難所へは行かず、ペットと家や車で過ごそうとお考えの方もいます。
しかし、ライフラインが断たれた家は冬であれば意外と寒く、
車なら夏は締めきっていれば、わずかな時間で熱中症になってしまいます。
残念ながら、3.11東北大震災でも多くの動物が車内で熱中症で亡くなっています。

また、地震以外にも水害、火砕流、竜巻・・・日本には多様な災害があります。
家にいられない、車にいられない状態だから、災害であり、避難であるということを
ぜひ、全国の方々に知っていただきたいです。
by: 被災動物とペット防災を考える実行委員会 * 2013/02/13 20:43 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。